【プレイステーション版】ウィザードリィⅦ【忍者・モンク・転職縛り】14

プレイステーション版のウィザードリィⅦ【ガーディアの宝珠】のプレイ動画【14】と解説を載せたページです。

今回は各NPCとの交渉やムンクハラマのグラン・メランジの宮殿について書きました。

13に戻る Wizardry7動画一覧ページに戻る

ブラザー・モーザ―の薬屋

固定NPCのブラザー・モーザ―からは、これから探索するグラン・メランジの宮殿について聞けますが、この情報は聞かなくてもイベントを進められます。

モーザ―は役に立つポーションや魔法のパウダーを売っているので、パーティーに不足している物を買いたい所ですが、持ち合わせが少なかったのでMP回復に使えるモーザ―ズモジョティーだけ購入しました。

マッド・ワダー戦

グラン・メランジの宮殿の手前では、固定ボスとしてマッド・ワダーが立ちはだかります。

今回の戦いではムンク忍者やDKフォレストムンクを多数引き連れてきたので、厳しい戦いを余儀なくされました。

戦略としてはBLDフラッシュとサイレンスによる無力化や、高威力の呪文で手早く倒す戦略を同時に取りましたが、思ったように敵を減らせずパーティー全員が相手のBLDフラッシュで盲目状態にされてしまいました。

盲目状態だと一定の確率で行動キャンセルとなり、物理攻撃が全くと言って良いほど当たらない上、相手の物理攻撃では倍ダメージを受けるのでかなり危険な状態です。

マッド・ワダーやムンク・忍者の攻撃力が高いので死者が出るのを覚悟しましたが、その後のターンでは回復や攻撃呪文が効果的に決まったので、結果的に死亡者ゼロで突破できました。

NPCとの交渉

マッド・ワダー戦で消耗したMP回復のために戻る途中、パルクの店に寄りました。

前衛用の防具が欲しかったのですが、ゲーム内時間が足りないのかまだ初期段階の物しか売っていませんでした。

回復してムンクハラマへ戻る途中ではラハーリックとボエリガードに遭遇しました。

ラハーリックとはまだ休戦交渉が必要なのでスキルを鍛えたビショップに任せましたが、怒らせて戦闘になったので真っ先に逃げました。

ボエリガードはスピア+2の販売を期待しましたが、以前会った時から間もないのか売っていませんでした。

グラン・メランジの宮殿

グラン・メランジではドリーム・ウィーバー、ナイトメア、フューリーが中ボスとして立ちはだかります。

ドリーム・ウィーバーはゴーストやスピリットに近い能力なのでそこまで強くありませんが、ダズリングライトを使ってくるのが少々厄介です。

ナイトメアはドリーム・ウィーバーよりもひと回り強くなっていて、ダズリングライトに加えて通常攻撃で石化状態にしてくる強敵です。

戦闘では2体出現で行動される前に倒すのが困難だったので、反撃覚悟で1体ずつ倒す戦法を取りましたが、何事もなく倒せたので良かったです。

最後のフューリーはグル―プ呪文を連発してくるので、さっさと倒さなければHPの低いメンバーに危険が及びます。

手持ちの呪文で効きそうなものはマジックミサイルやサイレンスくらいなので、後は地道に攻撃して倒すしかありません。

 

宮殿のイベントで手に入れたスモーキングパイプとミステリアスパスティールを使う事で、生命の精のイベントに進む事が出来ます。

イベントでは5つのアイテムから1つをもらえますが、レンジャーしか隠れる能力を持っていないので、使うと隠れる状態になるインビジリティーリングを選択しました。

ジーン・ゼンの道場

グラン・メランジの宮殿をクリアすると、ジーン・ゼンの道場前にワープします。

まだジーン・ゼンのクエストを終わらせるイベントアイテムを持っていないので、今回は会話と買い物をしただけでした。

購入したドウマル(下)は侍に装備させて、ファーレギングはまだ初期装備のスエードパンツだったレンジャーに装備させました。

 

15に進む Wizardry7動画一覧ページに戻る

Wiz7 プレイ動画 Wizardry7
スポンサーリンク
kai_lio ブログ

コメント