【プレイステーション版】ウィザードリィⅦ【忍者・モンク・転職縛り】24

プレイステーション版のウィザードリィⅦ【ガーディアの宝珠】のプレイ動画【24】と解説を載せたページです。

今回はビレット・カネベの墓とニクタリンス地下洞窟の探索について書きました。

23に戻る Wizardry7動画一覧ページに戻る

ビレット・カネベの墓へ

ニクタリンスの墓場にはオルコグレ城でムラカトスの霊から教えられた、ビレット・カネベの墓があります。

まずはニクタリンス中央の創造者の彫像でロングステムスペードを使い、タイナムエミットを入手しました。

このタイナムエミットを墓場の小屋で使うと、亡霊からクロッシングクラクスを入手できます。

後はこれを装備するだけで前回阻まれたバリア地帯を抜けられますが、この武器は呪われているのが少々厄介です。

 

無事にビレット・カネベの墓へ到達すると、メッセージ表示後にビレット・カネベと戦う事になります。

ビレット・カネベはライフスティールを始めとする強力な呪文を使ってくるので、運が悪ければいとも簡単に犠牲者が出ます。

今回の戦闘では、レンジャーが装備していたスタンロッドによってビレッド・カネベが麻痺したので、呪文を使われずに倒す事ができました。

戦闘後は墓の宝箱からサーペントの地図を入手しました。

地下洞窟の戦い

サーペントの地図を入手した後は、ニクタリンスの地下洞窟で行っていない場所を探索しました。

ここで出会う印象的なモンスターはケイブ・スラクスやクラスト・スラクスなどです。

この系統は状態異常呪文がほとんど効かないので、打撃と攻撃呪文で地道にダメージを与えるのが基本です。

クラスト・スラクスの戦闘能力はかなり高いですが、1カ所でしか出現しないので1戦乗り越えれば大きな問題はありません。

ケイブ・スラクスの方はというと、通常出現だけでなく固定出現のポイントも何カ所かあるので戦う機会が多い相手です。

それだけならまだ良いのですがケイブ・スラクスは結構タフな上に、集団で出る可能性もあるので侮れない相手です。

今回の探索では2グループまでしか出現しなかったので、苦戦させられた戦闘はほとんどありませんでした。

探索の戦利品

クラスト・スラクスと戦った場所では、冒険者パーティーの残骸からいろいろなアイテムを入手できます。

必ず入手できるニューライフストーンは装備すれば生命力耐性が50%も付くので、即死系の呪文やドレイン攻撃、クリティカルヒットの対策に役立ちます。

今回手に入れたランダムアイテムの目玉はシルバーソラレットで、これはヴァルキリーにとってはほぼ最強の足防具になります。

代わりに外したチャインハウゼンは、レンジャーの足防具としてベストなので上手い具合に装備が強化されました。

 

地下洞窟の中央付近にある宝箱は上記の物と比べると見劣りしますが、今回はホーリーバッシャーが入っていたのでラッキーでした。

この武器はビショップの中距離武器としてはなかなか強力で、フェアリーでも装備できる利点があります。

しかし、ビショップは両手武器でスイング数1回なので、武器として使うよりはお金に換えてしまうのがベストでしょう。

他にこの宝箱で欲しかったのは、超能力耐性20%のロッククリスタルでしたが、残念ながらハズレのドラゴンズティースでした。

 

25に進む Wizardry7動画一覧ページに戻る

コメント